【相性最高!】1DX-MARK2と70-200mm f/2.8L IS II USM

「もう撮れない写真はないんじゃないか」

1DX-MARK2を使うようになってからそんなことを思っています。

昨日も愛する畠山ボクシングジムへお邪魔してたくさん撮らせていただきましたが、設定さえバチンとハマるとどんな写真でも撮れる、そんなことを思わせてくれるモンスターなマシンが1DX-MARK2なのです。

こいつを手持ちで操作できる筋力と体力さえあれば他のカメラはいらないのではないかと思わせてくれます。

そして今のおれの1DX-MARK2の相棒が【70-200mm f/2.8L IS II USM】というレンズ。

今回はこの素晴らしきレンズの魅力について知って欲しいと思います。

(リンク先のAmazonのページへ飛ぶとレンズの使用評価が見れます✌️)

1DX-MARK2と70-200mm f/2.8L IS II USMで撮れた写真

仕上げはPhotoshopでどうにかする。

自分の好きなように仕上げる。

でも、そうするための素材が最高のものでないと調理のしようもない。

だから最高のレンズが欲しいんだというあなたにオススメするレンズ、それが

70-200mm f/2.8L IS II USM

 

最高の相棒が二人

他のカメラマンが広角を含んだレンズでその場全体を俯瞰的に撮影をしたとしてもおれはやはり、自分が撮りたいと思える、人の目にフォーカスした写真を撮りたい。

例えミスショットが多かったとしても自分が納得できるものを撮っていきたい。

しかし、このレンズはずいぶん馬鹿正直な奴でもある。

レンズ胴体箇所にツマミがある。

名前は撮影距離範囲切り替えスイッチ(5)という。(下図参照)

これを調整することで撮影距離範囲を選択する。

あれ!?故障かな!!?

と思った時はこの切り替えができていないことがほとんど。

リング奥から手前に近づいてくる選手を撮影していて急にシャッターが切れなくなるのは2.5m〜∞から1.2m〜∞へのスイッチの切り替えができていない時だ。

「そこはもうちょっと融通きかせて欲しいな…」と思うこともあるけど、バシッと定義されているからこその性能のフル発揮なんだろうと頭の固いレンズをむしろホメる。

「おまえ、いい仕事するな」と。

(画像引用元:70-200mm f/2.8L IS II USM 取扱説明書より)

 

AFの食いつきは磁石の如し

ピタッっと被写体にくっつくAFは控えめにいって最高。

このAFは6Dを使っていた時から感じていたので、1DX-MARK2への買い替えも躊躇なくできた。

AFのピントの乗り換えはカメラ側で設定してどうにでもできるからとにかく、合焦さえあってくれればいいというおれの願いを叶えてくれるレンズと出会えたことに幸せを感じた。

AFが合う瞬間は磁石同士を引き合わせるようで、それはもう離れられない恋人のようでもある。

被写体が動いてもすぐにフォーカスがそれを追う。

離さないよ。

そうだ、離さないんだ。

なかなか離れない。

もし離れてしまったら?

離れてしまっても大丈夫。

親指AFという技がある。

(画像引用元:CANON BIRD BRUNCH PROJECTより)

被写体に向かってAF-ONボタンを押そう。

すると何度でも食いつく!!

これはスゴい!素早く食いつく!

それは全てCANONの技術力がそうさせる!

おれが撮りたいものを撮らせてくれる、CANONのみなさんありがとう!(感涙)

 

親指AFの詳しい使い方はここでも学べるよ

CANON BIRD BRUNCH PROJECTでは親指AFの詳しい使い方も解説しています。

ボクシングの撮影方法をボクシングの現場のみから学ぼうとすることは愚かなことや。

日常のありとあらゆることから学びを深めようとする姿勢があなたの写真を次のステージへと導いてくれる。

何が撮りたいのかを忘れずに、イメージトレーニングも行う。本番の写真も撮る。

日々の生活の中のライティングやらなんやら全てを取り入れて昨日の自分よりもいいものを撮る。

それが俺たち写真家の努めやなぁ。

 

 

 

 

Follow me!